平頂山事件とは

平頂山事件の詳細

1932年9月16日、中国東北部の炭鉱都市、撫順近郊の平頂山集落で、日本軍が非戦闘員である中国人住民3,000名余りを虐殺した事件。

 1932年9月15日 日満議定書が締結され日本は「満洲国」を承認。
9月15日夜 日満議定書が締結された日(15日)の深夜から、抗日集団である遼寧民衆自衛軍により撫順炭鉱が襲撃され、楊柏堡採炭所長渡邉寛一氏が殺害されるなど大きな被害を受けた。撫順を防備していた独立守備隊第二大隊第二中隊は反撃し、16 日未明には遼寧民衆自衛軍は撤退した。

「深夜の撫順炭礦に大匪団猛襲す」『満洲日報』号外

1932年9月16日 独立守備隊、憲兵隊、警察などの責任者らは、遼寧民衆自衛軍が引き上げた16日早朝会議を開き、平頂山集落の住民らは遼寧民衆自衛軍が撫順炭鉱に入ることを知りながら通報しなかったとして、平頂山集落の住民全員を殺すことを決めた。

早朝会議を開いた場所と言われている撫順炭鉱事務所

平頂山事件
9月16日朝、独立守備隊は平頂山集落の住民に対し、「写真をとってやる」などとの口実をつかい、従わない住民に対しては暴力的に家から追い立て、住民を集落の西側にある崖下の牧草地に集めた。そして、集められた住民に対し、機関銃による一斉射撃を行った。その後日本軍は生存者を捜し、息のある人がいれば銃剣で一人一人刺殺した。また、日本軍は、平頂山集落の住居に火を放ち焼失させた。その後日本軍は死体にガソリンをかけて焼却し、崖をダイナマイトで爆破し、死体を覆った。

「撫順を襲った匪賊を包囲攻撃し撃退」

“Seattle Post Intelligencer”

 

 

虐殺された住民は、中国の資料によれば約3,000名と言われている。老若男女を問わず、乳幼児までもが殺されている。

11月24日 11 月23 日、東北外交委員会委員王卓然は、中国の羅外交部長に、電報で平頂山事件について報告し、国際連盟などに知らせるよう要請した。翌24 日、中国外交部は、平頂山事件を公表し日本を非難。これに対し、日本政府は平頂山事件の事実を全面否認し、中国側の「虚偽報道」であり、「皇軍の名誉を棄損する」などと中国を非難した。

虐殺の否定を命じる文書

国際連盟での日本政府の見解

1933年 日本、国際連盟から脱退。
1947年 終戦後、事件当時撫順炭鉱次長であった久保孚氏は、平頂山事件に関わる容疑で監獄に収監される。久保氏以外にも複数の者が平頂山事件に関わったとして収監された。久保氏ら11 人は起訴され、瀋陽(旧奉天)の国民政府主席東北行轅審判戦犯軍事法廷で裁判を受けた。起訴されたのは全員民間人であり、平頂山事件に関わった軍人は一人もいなかった。
1947年12月26日 瀋陽裁判判決
1947(昭和22)年12月26日、判決が下され、久保氏以下7名が死刑、4名が無罪。判決後、無罪の4名は釈放される。久保氏は、申弁書(弁明書)を国防部に提出した。しかし、久保氏の弁明は認められず、死刑判決が確定し、執行された。
1951年 事件現場に平頂山殉難同胞記念碑建立。
1970年 遺骨発掘。記念館建設
平頂山事件により殺害された遺体は、事件後長い間埋められた状態であったが、戦後、中国政府により発掘された。現在は、遺骨を覆うように記念館が建てられ、遺骨は虐殺された当時のままの状態で保存されている。