平頂山事件とは

平頂山事件の概要

1932年9月15日夜、遼寧民衆自衛軍と名乗る抗日組織(日本軍は当時「匪賊」と呼んでいた)により満鉄の経営する撫順炭鉱が攻撃され、日本人側に死傷者がでるなど大きな被害を受けた(撫順炭鉱襲撃事件)。これに対し、撫順を防備していた関東軍の独立守備隊第二大隊第二中隊は、翌9月16日, 襲撃部隊が平頂山集落を通過するのを知りながら通報しなかったのは同集落の住民が「匪賊」に通じているからだとして,報復のために同集落を中心に3000 名余りといわれる無抵抗の住民を虐殺した。