新聞記事

『満州日報』号外(1932年9月16日)

深夜の撫順炭礦に
大匪団猛襲す
坑區内に雪崩れ込み
炭礦事務所に放火
【中村撫順支局長 奉天電話】柳条溝事件を控えて撫順炭坑を襲撃すべしとの流言あり警戒中、果して十六日未明數百の大匪団が第一線を突破して炭坑内に亂入し來る未曾有の事件が勃發した、わが社中村撫順支局長は奉撫電信電話線切斷のため危険を冐して奉天まで連絡に來り同地より電話にて第一報を本社に齎らした
撫順炭礦は十六日午前一時五分遂に匪賊襲撃を受け深夜の炭都はたちまちにして物凄き戰闘の●●●●炭礦事務所社宅は燒き拂はれた死傷者多數を出し剰さへ奉撫電信電話線は切斷され撫●●●●●●●●●●●●●●●●●●●つて居た撫順東方の匪賊數百名は満州●●●●●を期して十五日夕刻當地南方三●里の●●●●●●●●●●●●●●●●●●●炭●防備隊、憲兵隊は同夜八時全員を召集して附屬地市街各炭礦、發電所等を嚴重警戒中であつたが賊団は果して十六日午前一時五分に至り南方郊外楊柏堡及び老虎臺の裏山に迫りラツパを吹き威聲を掲げて坑内に雪崩れ入つて來たので守備隊は初め一斉に發砲應戰しつヽあり敵匪の數不明なるも相當多數の模様にて目下同地附近は猛烈なる火災を起し火焔は天に冲

して山砲機關銃小銃の砲聲殷々としてもの凄く響いた、これが爲め夢を破られた市民は何れも恐怖に戰きながら街路に集まり交戰地附近住民はトラツクで市内に避難しつヽあり、青年団撫順中學生も非常召集の上市内警備に就いた時に午前二時半
我が第一線を突破し
   社宅街にも亂入
    坑内に避難した市民
     我猛撃に、賊漸く退却
わが警備手薄の楊柏堡を目蒐けてなだれ込んだ敵匪數百名は忽ち同探炭所事務所に放火の大刀會の槍組を先頭に喚聲を擧げて凄じい勢ひでわか少數部隊の防備線を突破し現場事務所並に警察官派出所に放火、更に社宅街に進撃して李家溝華工宿舎に火を放つた爲め附近一帯は忽ち濠々たる火焔に包まれにげ場を失ふてなきさけぶ男女の様はまさに此の世の修羅場と化したが邦人社員家族は警備員必死の努力によつていち早く坑内に避難せしめたため、目下行衛不明三名ある外無事なるを得た、かくて楊柏堡を陥れて勢ひを得た敵匪は東●炭坑にせまり一方他の一隊はすぐ東の丘および老虎臺炭坑に肉薄し一擧に撫順市内に攻入らんととして一層猛烈なる突撃を開始し爲に前記各坑事務所は燒却され老虎臺は安全燈室その他にも放火され火焔は天に冲し銃聲威聲は深更の闇にひゞきごうなることかとかと思はれたがこの一線を破られては最早市内は敵の蹂躙に任するも同じなので守備隊防備隊警察隊の主力を繰出し一齊に猛射を浴びせたため流石の敵匪も見る/\折重なつて●れ攻撃力を失ひ後方に退却をにせまり一方怒の一段はすぐ●の丘および●●●●●に●●●に●●●●に●入らんこ●して一●●●●なる●●な●●●に●●●●●●●は●●まれ●●●は安全●家ての穂にし●大きさは●●は●●●し●●●●は●●り●にひいきこつなることが●●はれたがこの一●●●られて●●●●●は●の●●に●するも同じなので●●●●●●●●●●●な●出し●●に●●●●●せたため●●の●●●●るゝ ●●なつて●れ●●力な失ひ後方に●●●●●した時に●●三時四十分であるを開始した時に午前三時四十分である退路を絶たれた敵匪永安臺に逆襲す
我方の猛射に敵匪は午前四時ごろ勢ひ衰へ後退せんとしたがこの折は早わが警備隊の間に挟まれて前後より猛射を受けたゝめ敵は老虎臺の東方、萬達屋に向つて敗走したが同地もわが警備嚴重で到底切抜け得べくもなく遂に血迷つた敵匪百數十名は同二十五分夜明間近にも係はらず再び方向を轉じて我が満鐵社宅町永安臺に向つて最後の突撃を試みるかの姿勢に出たので附屬地警備の撫順警察署では前田署長を先頭に署内に待機中の全員を招集して二手に分かれてこれを喰止むべく永安臺の守備に向かつた
 鐵道爆破
 危うく免れる
敵匪別●隊は奉撫線の両側にある電信電話線を切斷して奉天との連絡を絶つと共に救援列車爆破の計画畫の下に奉天を●る四十四キロの地點に爆發薬を装置しなほ鐵橋に油を注ぎ燒き落さんとして居たのを保線區員が發見し未然に取はつしたので幸ひに事なきを得た
 秦撫間の
 電線切斷
午前二時五十分敵匪の襲撃最も猛烈なる頃奉撫は右に敵匪を受けながら全く通信機關を失つたが右は敵匪鐵道隊の所爲にして●●●●●●なる●●●●●●●●●●●●
●に●●は●に●●た●けながら余く●●●●な●つたが●なな